電気カーペットと毛布を一緒に使う使用方法

冬になれば必要なのが暖房器具です。エアコン、ファンヒーター、オイルヒーターなどいろいろな暖房器具がありますが、どのような暖房器具を使っていますか?暖房器具を選ぶ際に、条件として考えるのは、電気代と暖かさの兼ね合いだと思います。その2つの条件をみたすおすすめの暖房器具があるんです。それが電気カーペットと毛布の組み合わせです。
電気カーペットは一般的には、電気代が高いイメージがありますよね。でもそれって使い方を間違えているだけなんです。電気カーペットの暖かくなる仕組みは、カーペット自体の中に電線が通っていて、そこに電気を通してカーペットの表面を温めるわけです。つまりエアコンやストープと違って、部屋の空間自体を温めるわけではなくて、直接ふれている人や物を温めるわけです。そのことを勘違いして電気カーペットを使っているから無駄にカーペットの電気代を使ったり、他の暖房器具を併用したりすることになるのです。
ではどうすればいいのかというと、上に書いてあることが答えです。カーペットに直接接触しているところだけを暖かくするようにすればいいのです。電気カーペットの裏側や触れていない所を遮断したりや有効に利用すれば良いということです。
具体的には、カーペットの裏側を断熱材、ダンボールなど熱の通しにくい素材を敷いて無駄になる熱を逃さないようにします。そしてカーペットの上では人のいるところだけを温めて、その温めているところ全体を毛布で覆ってしまえばいいのです。この2つのことをすれば電気代も節約できるし、電気カーペットを使った暖房効果も高まります。カーペットで温めている場所全部を毛布で被ってしまいその中に手足や体を入れれば、カーペットと毛布が触れているとことは全部温まっているわけでその中全体が温まるわけです。
もちろん電気カーペットは他の暖房器具と併用していいわけですが、より効率的に使用するには上記の2点の使い方が、電気代の節約にもなるし、熱効率が良いという理由で紹介してみました。ぜひ電気カーペットと毛布を一緒に使う使用方法を検討してみてください。
渋谷 キャッシング