食器棚を本棚として活用

わたしは本が大好きで、置き場所に困っていました。枕元に平積みしていたのですが、見た目も汚いし、本に傷がついてしまいます。かと言って本棚を置くスペースもありません。そこで目をつけたのが使わなくなった食器棚です。
ガラスを取り外し、中を雑巾で拭きます。本を入れてみたところ、たっぷり収納できました。下の段には雑誌などの大きめな本や、あまり読まないけれど残しておきたい本を収納しました。それから賞状なども下の段に片づけています。
真ん中の段には単行本や、よく読む本を収納しています。文房具やハンコ、通帳などの貴重品も同じ場所に片づけています。真ん中の段を選んだのは取り出しやすい位置にあるからです。手前と奥の二重構造になっており、奥に置いた本で手前に置いた本が奥に行かないよう止めています。
上の段には小物を置いています。本棚と仏壇を兼用しているので、ロウソクや線香、数珠などが置いてあります。コンパクトな割に、けっこう本が収納できるので便利ですよ。奥行きがあるので、二重構造にすれば、かなりの本が収納できます。
欠点があるとすれば、奥に入れた本が取り出しにくいこと。あまり読まない本を奥に入れて、よく読む本を手前にしないと、取り出すたび本がこぼれてしまいます。剥き出しですが、カーテンみたいな布をつけてもオシャレかも知れませんね。
上野 キャッシング